HOME » 研修サービスメニュー » 役割認識力強化 » 管理職OJTガイダンス

管理職OJTガイダンス

会社にOJT制度はあるのだけれど、どうもOJTトレーナーに任せっきりに

なってしまっているようだ。新入社員の成長のために、管理職にも

積極的にOJTに関わってほしいのだけれど・・・

 

 

 

 

 

 

 

OJTをうまく機能させるためには「三者協力体制」が不可欠です。この三者とは「OJTトレーナー」「管理職」「教育担当部門」を指し、この三者が連携を取りながら「職場ぐるみの育成体制」をつくることが、OJTがうまく機能する秘訣です。

この三者のなかで、OJTに対する意識が抜けてしまいがちなのが管理職です。

OJTを始める前に、OJTトレーナー研修に加え、「管理職OJTガイダンス」を実施していただくことにより、管理職の方に「自分もOJTに関わる重要なピースである」ということを認識していただき、OJTへの積極的な参加を促します!

 

 

【研修の狙い】

管理職を対象にOJT指導を機能させるために重要な考え方と基本スキルの習得を図る

・管理職に人材確保の現状(採用難・育成難)を共有化し、若手育成の困難さと重要性を理解していただく

・三者協力体制のキーとなる管理者のOJTトレーナーへの支援の重要性と具体的な支援方法を理解して

いただく

・OJTトレーナー・新入社員を支援する上で重要な対話指導方法をロールプレイングを通して習得して

いただく

 

 

【カリキュラム】

カリキュラム

午前

Ⅰ オリエンテーション

Ⅱ 人材確保の現状(講義・グループ討議)

・採用難(採用未充足企業率等)、採用コスト増の現状

・育成難の現状(採用基準の低下・一人当たりの仕事量の増加)

・若手社員像の明確化

・自社の考える一年後の社員像

Ⅲ 自律を阻む「幼弱性の4要素」とは(講義・グループ討議)

・近年の若手社員の傾向と「幼弱性の4要素」の関係を理解する

・自律させるために「幼弱性を断ち切る育成」の必要性を理解する

午後

Ⅳ 「自律型社員」育成の5ステップ

・①準備②受け入れ③教える④学ばせる⑤任せる

・「振り返り」面談の重要性

Ⅴ OJT成功のポイントは、管理者の協力 (講義・グループ討議)

・三者協力体制の構築

・管理者の果たすべき5つの支援

Ⅵ 管理者の対話スキルの強化(講義・ロールプレイング)

・共感の3ステップの習得

・承認のスキルの習得

Ⅶ まとめ

※上記カリキュラムは実施一例です。お打ち合わせの上、ご相談させていただけますと幸いです。

詳細メニュー

社員研修・人財育成に関するご相談はお気軽に。

お電話でのご相談はこちらまで 03-5283-7480 受付時間:9:00~17:30
お問い合わせフォームでのご相談

最新セミナー情報

【終了しました】新入社員/第二新卒社員の離職防止対策‼『新入社員180日間自律化プログラム』無料説明会

日時:2018年1月31日(水)
場所:TAC八重洲校 601教室(JR東京駅中央口より徒歩5分  日本橋駅B1出口より徒歩3分)

新入社員、第二新卒社員の自律化に向けた体制構築を含めた育成プログラムの説...[詳細