HOME » 研修サービスメニュー » 役割認識力強化 » 組織横断活動力強化研修

組織横断活動力強化研修

~他人の立場、俯瞰の視点を理解することが組織横断活動力推進の近道です~

組織横断(クロスファンクショナル)プロジェクトの活動力を高める研修のご提案です。

企業を取り囲む環境の変化は非常に激しく、従来の縦割り組織のやり方/文化では 対応できない場面が多く発生してきています。 そこでクロスファンクショナル(組織横断)プロジェクトチームを発足させたり、部署間連携を 強化するための取組をされている企業は非常に多いのですが、そんな一方で各部署間の 思惑や従来の仕事との調整等の利害等が複雑に絡み合うと、プロジェクトの推進スピードは 一気に鈍化してしまう傾向が多く見られるようです。

 

図2

 

 

そこで、今回の研修では特定のテーマのクロスファンクショナルプロジェクト/委員会活動の活動力を高めるために、相互のパラダイムを認識しながらより良い活動として統合する研修をご提案させていただきます。

組織コーチングの知見を活かし、プロジェクトのキーマン同士の連携力/協働力を高める新しいコンテンツの研修となります。

組織横断活動力強化研修

 

 

 

 

狙い/内容

組織横断(クロスファンクショナル)プロジェクトの活動力の強化を図る。

1、「プロジェクトの現在の把握」「自己理解/他社理解」「各部門の現状の明文化と共有」「他部門の立場と視点の理解」

を通してプロジェクトを前に進めるための各自の視野の拡大とモチベーションアップを図る

2、プロジェクト/組織としての一体感を醸成し、今後の活動のスムーズ化を図る

 

 

【カリキュラム例】

午前

Ⅰ オリエンテーション

・全社横断的視点が求められる理由について

・「効率」に留まらず「成果」を生み出す

・他者、他部門の力を引き出しシナジーを発揮する

Ⅱ 全社横断的視点への「納得度」を見える化する

・ワーク説明/ワーク(体験と体感により気づきを深める)

・結びの対話と行動

・自己理解/他社理解の深化

午後

Ⅲ 各部門の現状の明文化と共有

・取り巻く環境、課題、仕事の進め方、大切にする価値観、特徴望ましい行動、他

Ⅳ 他部門の立場・視点を理解し、協力力向上につなげる

・ワーク説明/ワーク(体験と体感により気づきを深める)

・私たちの組織体を良いものとするための行動策定

Ⅴ 研修の振り返り

・研修内容を振り返り、特に活用したいと考える情報を確認する

 

詳細メニュー

社員研修・人財育成に関するご相談はお気軽に。

お電話でのご相談はこちらまで 03-5283-7480 受付時間:9:00~17:30
お問い合わせフォームでのご相談

最新セミナー情報

【終了しました】これからの新入社員研修について考える情報交換会

日時:2016年11月16日(水)
場所:東京都千代田区 神田神保町 および 大阪府大阪市 梅田

その他の開催日は詳細をご覧下さい

「新入社員に求めるものは何か?」「限られた時間の中で何を優先的に教えるか...[詳細