HOME » 研修サービスメニュー » その他 » 若手社員対象 物流現場の生産性改善(QC,IE,VE)基礎技法研修

若手社員対象 物流現場の生産性改善(QC,IE,VE)基礎技法研修

要員の採用が難しくなってきたし、働き方改革で残業規制が

強化されているから物流現場の生産性改善は課題だ。

若手を中心に物流現場の地力をつけるために

何かやり方はないだろうか。

 

 

 

 

 

 

物流現場の改善にはQC、IE、VEが伝統的に有効な

技法として知られています。

若手を中心にQC、IE、VEを現場の共通の考え方として持つことで、

時代の変化にも対応できる「強い物流現場」の土台創りを

図ります!

 

 

研修のねらい及び内容

若手物流担当者を対象に

①物流機能強化のための問題解決の基礎技法(QC、IE、VE)を学ぶ

②討議や演習を通して基礎技法の定着を図る

③基礎技法の習得を通して、物流現場に対する視野の拡大を図る

 

カリキュラム(一例)

1日目 2日目
午前

Ⅰ オリエンテーション

・現場で果たすべき役割と期待

・問題解決力の必要性

 

Ⅱ 問題解決とは

・問題とは、問題解決の進め方

・管理技術による問題解決のアプローチ

 

Ⅲ 目標の設定(演習テーマ設定)

・演習テーマ説明

 Ⅶ 原因追求型問題解決(QC)の進め方

・QC(品質管理) とは

・作業改善のプロセスとQC手法

(QC7つ道具、新QC7つ道具)

・QCによる現状分析演習

【例】①チェックシート作成②特性要因図

③パレート図作成、品質不良絞込み 等

 

Ⅷ 演習3(QC手法による作業改善実施)

午後

 Ⅳ 演習1(1人作業(セル生産方式))

・演習作業実施

 

Ⅴ 現象追求型問題解決(IE)の進め方

・IEとは

・IEによる作業改善のプロセスと現状分析演習

①工程分析②タイムスタディー③ライン作業分析

・ワークサンプリング演習

・改善案の作成

(ECRS、動作経済の原則、7つのムダ)

・作業改善内容のまとめ

 

Ⅵ 演習2(IE手法による作業改善実施)

Ⅸ 目的追求型問題解決(VE)の進め方

・VEとは

・VEの基本プロセスと実施手順

・演習課題によるVE実習

・VEによる改善案作成、まとめ

 

Ⅹ 演習テーマ改善結果発表会

・15分/チーム

・演習テーマ改善結果まとめ発表

 

Ⅺ 総合評価、まとめ

・演習結果各チーム評価

・研修のまとめ

 

詳細メニュー

社員研修・人財育成に関するご相談はお気軽に。

お電話でのご相談はこちらまで 03-5283-7480 受付時間:9:00~17:30
お問い合わせフォームでのご相談

最新セミナー情報

【終了しました】『企業の成長エンジンの一つとして「OJT」を考える情報交換会』

日時:2017年11月15日(水)
場所:東宝土地高橋ビル 会議室(神保町駅A2番出口徒歩3分、九段下駅徒歩7分)

採用した新入社員をきちんと育てるためにOJTの風土について各社様の情報交...[詳細