HOME » 研修サービスメニュー » 役割認識力強化 » 若手事務一般職対象「キャリア開発研修」

若手事務一般職対象「キャリア開発研修」

社会背景や企業として今後継続的に生産性を上げていくことを考えると、事務一般職にもより一層の活躍を期待している。会社としてその姿勢を示していくためにも対象者に何らかの教育をしたい。

マナー研修はすでにやっているので他に良いテーマはないものか。

 

 

 

 

 

 

 

新入社員 営業基礎研修

若手の事務一般職の方を対象にキャリア開発の研修をご提案し、好評いただいております。

 

ここで言うキャリア開発とは、自分の(転職市場も視野に入れた)人材としての価値を高めるというものではなく、「企業の中で自分自身の仕事の位置づけを確認し、その中で貢献を高めていただく意識づけと方向性の確認」という意味で「キャリア開発」という言葉を使っています。

 

 

 

【研修の狙い】

◆キャリア開発の基本的な考え方を理解し、周囲への貢献を考えるきっかけを作る

  • ①各種ワークを通して関係者から「期待されている役割」と「貢献の方向性」を掴む
  • ②今後の成長に向けて自分自身の課題や取組みを明確化する

 

【カリキュラム(一例)】

1日目
午前 1.オリエンテーション
・アイスブレイク 近況報告・研修ゲーム(役割分担とPDCAサイクルを学ぶ)

・振り返り

 

2.自分の資源を棚卸する
・自分の強み、弱みを理解する

 

午後 3.企業の中での自分自身に求められる「役割期待」を理解する
・仕事マップを作成し、自分の仕事を説明する・自分に期待されていることとは何かを考える

・上司、同僚からの手紙

・「行動化」の重要性を理解する(ワーク)

 

4.研修のまとめ
・感想の共有

・行動宣言

 

※上記カリキュラムは実施一例です。お打ち合わせの上、ご相談させていただけますと幸いです。

詳細メニュー

社員研修・人財育成に関するご相談はお気軽に。

お電話でのご相談はこちらまで 03-5283-7480 受付時間:9:00~17:30
お問い合わせフォームでのご相談

最新セミナー情報

企業の成長エンジンの一つとして「OJT」を考える情報交換会(終了しました)

日時:2017年11月15日(水)
場所:東宝土地高橋ビル 会議室(神保町駅A2番出口徒歩3分、九段下駅徒歩7分)

採用した新入社員をきちんと育てるためにOJTの風土について各社様の情報交...[詳細