HOME » 研修サービスメニュー » 役割認識力強化 » OJTトレーナーフォロー研修

OJTトレーナーフォロー研修

新入社員の配属前にOJTトレーナーに対してOJTトレーナー研修を実施した。新入社員研修も無事終わったし、配属後のことはトレーナーに任せておけば大丈夫かな。

 

 

 

 

 

 

OJTトレーナーにまかせっきりというのはあまり良くないですね。OJTトレーナーも新入社員育成に関して悩みごと、困りごとを抱えているケースが多いです。新入社員に対してフォロー研修を行うのと同様に、OJTトレーナーにも定期的にフォローの機会を設けることが、より効果的なOJTへとつながります。

今回紹介する「OJTトレーナーフォロー研修」の実施や、月に一回OJTトレーナー同士の情報交換会を企画する等、OJTに関する情報共有の機会を設けてあげることが重要です。

 

 

 

【研修の狙い】

・OJTトレーナーとしてのOJT前期を振り返り、成功・失敗体験からノウハウを共有化し、OJT後期に向けて育成方法を取得します

・OJTトレーナーとしての成功・失敗体験を振り返り、育成のノウハウを共有化し、OJT後期の育成を活性化します

・「問題行動を繰り返す新入行員への対話」のロールプレイングの実施を通して、「任せて」「自律」させるスキルを習得します

 

【カリキュラム例】

【1日目】

カリキュラム
午前

Ⅰ オリエンテーション

・前回の研修の復習

・「自律意識チェック(幼弱性)」の結果確認と解説

 

Ⅱ OJTトレーナーとしての「振り返り」

・OJT前期の新入社員育成の成功・失敗体験の共有化

・新入社員育成に関する質疑応答(講義・グループワーク)

午後

Ⅲ 自律のための「マネジメントサイクルの習慣化」のポイント

・新入社員との対話ロールプレイング

テーマ:「振り返り時の改善の導き方」

・全員ロールプレイング実施

 

Ⅳ コミュニケーションスタイルの理解と指導方法

・行動特性の自己診断の実施

・コミュニケーションスタイル別の効果的な指導方法

(褒め方・注意の仕方等…)の理解(講義・演習)

 

【2日目】

カリキュラム
午前

前日の復習

 

Ⅴ OJT後期の育成のポイント

・仕事の「任せ方」の留意点

・新入社員との対話ロールプレイング

テーマ:「問題行動を繰り返す新入社員」

例)提出期限の遅れ、ケアレスミス、クレーム等

・代表者によるロールプレイングの実施

・VTRで振り返り、講師より指導

・全員ロールプレイング実施(講義・ロールプレイング)

午後

午前中の続き

 

Ⅵ OJT後期の育成計画について

・新入社員についての再確認

・自律意識の強化ポイントについて

・OJT後期育成計画の作成(講義・演習)

・閉講式

 

詳細メニュー

社員研修・人財育成に関するご相談はお気軽に。

お電話でのご相談はこちらまで 03-5283-7480 受付時間:9:00~17:30
お問い合わせフォームでのご相談

最新セミナー情報

(終了しました)【新入社員研修ご担当者様対象】新入社員の「当事者意識SWITCH」をオンにするセミナー

日時:(日)
場所:東京、大阪(詳しくは詳細をごらんください)

従来のやり方「だけ」では今どきの新入社員は意識を切り替えてくれません!<...[詳細