HOME » 人財育成資料室 » 人材育成キーワード » 【キャリア・オーナーシップ】

【キャリア・オーナーシップ】

キャリア・オーナーシップとは言葉の定義でいえば「キャリアのオーナーとして振る舞うこと」。
2000年代よりも前の日本企業はキャリアの決定権は本人よりも会社が握っている部分が強かったとされている。
また、定期的に異動する慣習を持っている企業が多く、そういった点からも本人のやりたいことよりも組織の指示のほうがキャリアへの影響が大きかった。
キャリア・オーナーシップのような考え方は当時の日本企業内では受け入れにくく、また認知も薄かったといえる。
企業の寿命よりも個人の寿命の方が長いというデータが広く浸透し、また終身雇用制が崩壊した現在の環境下では、
企業で働く人は自分自身のキャリアに対してオーナーである姿勢が求められる、というニュアンスの言葉である。

関連するカテゴリーの記事

社員研修・人財育成に関するご相談はお気軽に。

お電話でのご相談はこちらまで 03-6272-8570 受付時間:9:00~17:30
お問い合わせフォームでのご相談

最新セミナー情報

【オンライン研修】若手工事担当者・設計担当者向け 対人スキル向上研修のご案内

ハウスメーカー様/リフォーム会社様の若手工事担当者・設計担当者向けにオンラインでの「対人スキル向上研修」を開催いたします![セミナー詳細

開催日時については、詳細をご覧くださいませ