HOME » 人財育成資料室 » 人材育成キーワード » 【リファラル採用】

【リファラル採用】

身もふたもない言い方をするとかつての「縁故採用」が姿を変えて現れたもの。
昔の縁故採用は「地域の有力者や学校の教員、教授、親戚などの推薦」といった何らかのコネで入社するもので、推薦者はその企業にとってある程度以上の影響力を持っている、というイメージがあった。

かつての縁故採用のメリットとしては「費用面がかからない」「紹介だと(紹介者への配慮があるので)辞めにくく、定着する」といったものが挙げられる一方、少なくなった理由は「採用の公平性に欠ける」「優秀な人が来るとは限らない」「紹介者の影響力で出世にまで影響がある」という前時代的なイメージがついてしまったことが大きい。
しかし、2015年ごろから日本企業の採用場面でもリファラル採用が注目され始めている。

リファラル採用はその企業で働いている社員から知人や友人の紹介を受けて、採用選考を行うという採用方法であると定義づけることができる。
また、リファラル採用では紹介者に30万円~50万円くらいのインセンティブを渡すケースも少なくない等、縁故採用から一部アップデートされたところもある。
リファラル採用も「知っている人の推薦のほうが安心できる」「人材紹介よりも安い」という意味では縁故採用に近いメリットがあるが、「お金目当ての無責任な紹介が横行しかねない」「人間関係が悪くなった場合の影響」等のデメリットもありうる。
流行っているから採用するのではなく、自社としてきちんと「どう活用するのか」「どう運用するのか」を検討するべき施策といえるだろう。

関連するカテゴリーの記事

社員研修・人財育成に関するご相談はお気軽に。

お電話でのご相談はこちらまで 03-5283-7480 受付時間:9:00~17:30
お問い合わせフォームでのご相談

最新セミナー情報

研修体験セミナー/研修企画相談会のご案内

日時:(日)
場所:貴社会議室等、場所はご相談させていただきます

「研修を企画したいけど踏ん切りがつかない・・・」

詳細]