HOME » 人財育成資料室 » 人材育成キーワード » 【垂直的評価】

【垂直的評価】

人事評価のやり方の一つで、「上司と部下」のタテの関係の評価のこと。
本来は「部下から上司を評価する」ことも含まれるが、多くの場合は従来の「上司が部下を評価する」形を指すことが多い。

評価の公平性や客観性、評価への納得度合いは、その人のモチベーションや働き甲斐、仕事へのロイヤリティやモラル、エンゲージメントなどに大きな影響を与える。
そこからさらに大げさに言うとその結果が組織の雰囲気や活力、ひいては成長する力や離職率の高低にまで大きな影響を与えてしまう。
そのため、上司と部下の関係性や評価制度のあり方をどうするのかについては今も昔も多くの企業で悩みのタネとなっている。

タテの評価はほとんどの企業で一般的に行われているが、これに追加して「横の評価=水平的評価」、「他部署や顧客からの評価まで含んだ評価=多面的評価(360度評価)」がある。

 

関連するカテゴリーの記事

社員研修・人財育成に関するご相談はお気軽に。

お電話でのご相談はこちらまで 03-5283-7480 受付時間:9:00~17:30
お問い合わせフォームでのご相談

最新セミナー情報

(終了しました)【新入社員研修ご担当者様対象】新入社員の「当事者意識SWITCH」をオンにするセミナー

日時:(日)
場所:東京、大阪(詳しくは詳細をごらんください)

従来のやり方「だけ」では今どきの新入社員は意識を切り替えてくれません!<...[詳細