HOME » 人財育成資料室 » 人材育成キーワード » 【成果主義(インストラクショナルデザイン)】

【成果主義(インストラクショナルデザイン)】

成果主義という言葉は使われる文脈によって意味が変わる。
インストラクショナルデザインの文脈で「成果主義」という場合は「学習者にとっての教育の成果を優先事項として考える」姿勢のことを指す。

対になる考え方として「意図主義」がある。
意図主義とは自分はこういう意図で言ったんだからこういう風に理解するはずだ、と考える姿勢のことを指す。

一般的にインストラクショナルデザインは成果主義に立脚することがベースでなければならない、とされている。
つまり、ついつい指導側が言ってしまいがちな「言ったんだからわかるよね」「前にも言ったよね」という姿勢はインストラクショナルデザインのスタンスでは否定されている。
学習者が理解し、行動または習得したという結果が出てこその学習と考えなければならない。

 

関連するカテゴリーの記事

社員研修・人財育成に関するご相談はお気軽に。

お電話でのご相談はこちらまで 03-5283-7480 受付時間:9:00~17:30
お問い合わせフォームでのご相談

最新セミナー情報

(終了しました)【新入社員研修ご担当者様対象】新入社員の「当事者意識SWITCH」をオンにするセミナー

日時:(日)
場所:東京、大阪(詳しくは詳細をごらんください)

従来のやり方「だけ」では今どきの新入社員は意識を切り替えてくれません!<...[詳細