HOME » 人財育成資料室 » 人材育成キーワード » 【水平的評価】

【水平的評価】

人事評価のやり方の一つ。
多くの企業で一般的にみられる「タテの評価=垂直的評価」に対し、同等の組織に属する従業員同士のヨコの関係の評価のこと。
水平的評価を単独で行うケースはほとんどなく、垂直的評価の補足的意味合いや、多面的評価(=他部署や顧客からの評価まで含んだ評価)の一環として行われることが多い。
タテの評価だけでは上司と部下の相性の影響が大きすぎるため、客観性や公平性、評価の透明性を高める意味で水平的評価を行うことは意義がある。

関連するカテゴリーの記事

社員研修・人財育成に関するご相談はお気軽に。

お電話でのご相談はこちらまで 03-5283-7480 受付時間:9:00~17:30
お問い合わせフォームでのご相談

最新セミナー情報

研修体験セミナー/研修企画相談会のご案内

日時:(日)
場所:貴社会議室等、場所はご相談させていただきます

「研修を企画したいけど踏ん切りがつかない・・・」

詳細]